おすすめのドッグフードで症状の軽減が期待できるフードをご紹介

おすすめドッグフードランキングTOP3

皮膚病や膀胱炎など体質のよる疾患(病気)の場合は継続的な治療になるため、薬の副作用を減らす理由からどうしても食餌療法食(処方食)に頼らなければなりません。

しかしフードを変えるとまず食べてくれるかどうかが心配ですよね。

症状を軽減する効果のあるドッグフードを喜んで食べてくれるフードやサプリメントがあったらよいのに思ったことはありませんか?

当院の愛犬浪平も以前膀胱炎になってしまい、いつもは何でも食べるのに食餌療法食(処方食)は嫌だと目で訴えられて困った経験があります。

DSC_0001.JPG

そこで今回は嗜好性(食いつき)がよく、実際にそのフードを食べてこんな効果がありました!との声をご紹介したいと思います。

症状は皮膚病や膀胱炎に限らず「心臓」「肝臓」「腎臓」等など子犬からシニアまでもモーラしているドッグフードもあります。

お試し価格や定期購入割引、今だけお得情報などのサービスがありますのでまずはぜひ、この機会にお試しください。

おすすめドッグフードランキングTOP3

おすすめのドッグフードで症状の軽減が期待できるフードをご紹介

宿南章先生「愛情ごはん」グルコサミン(サプリ)・介護サポート・関節健康サポートの評判は?

獣医師の宿南章先生の「愛情ごはん」はDr.宿南キセキのごはんとも呼ばれ評判が多々寄せられています。今回は、宿南章「愛情ごはん」の中のグルコサミン(サプリ)や関節椎間板健康サポート、更には介護サポートの評判を紹介します。
おすすめのドッグフードで症状の軽減が期待できるフードをご紹介

宿南章先生の「愛情ごはん」皮膚病・減量・糖コントロール・低脂肪フードの評判は?

獣医師の宿南章先生「愛情ごはん」は「キセキのごはん」ともいわれ、評判のバランス栄養食のプレミアムフードと何らかの症状があるときに食べる療法食の2種類があります。今回は、宿南章「愛情ごはん」療法食の評判を集めてみました。
おすすめのドッグフードで症状の軽減が期待できるフードをご紹介

宿南章先生「愛情ごはん」の心臓・肝臓・腎臓・膵臓フード療法食の気になる評判は?

獣医師の宿南章先生が開発した「愛情ごはん」の口コミ・評判をフードごとにまとめてみました。「キセキのごはん」とも呼ばれている宿南章先生の「心臓」「肝臓」「腎臓」「膵臓」の療法食ドッグフードの評判をお読みください。