【必見!】犬のかゆみの原因は何?かくと症状が悪化する皮膚病を治すためには診断が要

犬猫の不妊手術・料金など気になる情報を動物病院から発信します!

犬のかゆみの原因はさまざまで、中には複雑すぎて原因がわからない皮膚のトラブルもあります。

「愛犬が、なんか最近かゆがっているな」と思っていたら、いつの間に赤くなっていて皮膚が傷ついていた。ということもしばしばです。

犬がかゆがる原因をすべて挙げることはできませんが、当院へ来院される患者さんに多く見られる以下4つのかゆみの原因をご紹介したいと思います。

  • ノミやダニなどの寄生虫によるかゆみ
  • アレルギーによるかゆみ
  • 細菌や真菌(カビ)によるかゆみ
  • 免疫系やホルモン分泌異常によるかゆみ

ぜひ、最後までご一読ください。

犬のかゆみの原因はノミやダニなど寄生虫の場合がある

 

犬がかゆがるので背中の毛を分けてみるとノミが寄生していることがあります。しかしながら、ノミアレルギーの無い犬はノミが数匹寄生してもかゆがりません。

犬は無症状で、飼い主さんがノミに刺されて犬にノミが寄生していることに気付くこともあるのです。

ノミアレルギーの犬は、多くは腰の辺りが赤くなり激しくかゆがります。

一方、疥癬ダニやニキビダニ(毛包虫)と呼ばれるダニは肉眼では見えにくく、犬がかゆがっている部分の皮膚を少し削って顕微鏡で診断するのです。

毛包虫症の原因になるダニは正常犬の3割から4割に感染しているともいわれ、かゆみの症状が出ない無発症の犬も多くいます。

ダニが原因の皮膚炎は、顔から全身にかゆみを発症することが多いです。

ちなみに、ノミやマダニを駆除するスポットタイプや飲み薬ではノミは駆虫できてもこれらのダニは駆虫できませんので、ひどくなる前に必ず受診をしてください。

犬のかゆみの原因が何のアレルギーなのかわからない

犬のアレルギーと一言でいってもいろいろなアレルギーがあるのです。

上記のノミアレルギーのように目で発見できるものもあれば、検査に検査を重ねて結局わからずハウズダストによるアレルギーと診断されてしまう場合も多くあります。

犬のアレルギー検査で細かく細かく検査を進めて行くと検査代だけで3万円以上になることもあるため、正直犬のかゆみのアレルギー検査は患者さんに勧めづらいのが現状です。

当院では犬のかゆみによるアレルギー検査を希望される方にはもちろん検査しますが、希望されない方にはまずかゆみ止めをお出ししています。

その後、飼い主さんと相談しながら飲み薬の継続や処方食(食餌療法食)、サプリメントなどで調整してほとんどかゆみは止まるので今のところこのやり方で問題ないとしている次第です。

処方食(食餌療法食)ご紹介

犬のかゆみは細菌や真菌(カビ)でも起こる

犬のかゆみは細菌や真菌(しんきん)の感染でもよく発症しますし、特に真菌はストレスなどで免疫力や体力が落ちていると感染しやすい傾向にあります。

湿疹が大きかったり或いは脱毛だけでかゆみがそれ程ないこともありますので、様子を見ずに早めに受診しましょう。
早めの処置(抗生剤や抗菌剤、専用シャンプーなど)であればひどくなることもなく治りも早いです。

犬の身体だけでなく、耳や四肢の指間のかゆみも細菌や真菌が原因のことが多いのですが残念ながら耳や指間のかゆみは繰り返される傾向にあります。

真菌症は、体力の弱いお子さんやご高齢者の方など真菌症の犬に接触することで移ることがありますので注意が必要です。

犬のかゆみの原因が体質や遺伝によることもある

犬のかゆみの原因が免疫系に関わる場合、或いはホルモンの分泌異常の場合は皮膚炎だけでなくその他にも症状を起こす特徴があります。

例えば、多飲多尿であるとか心拍数に異常があるとか。その他、日ごろから落ち着きがない、逆にいつも沈鬱(ちんうつ)状態など。

体質や遺伝による犬のかゆみの発症は必ず検査が必要と思ってます。

なぜなら、免疫系の皮膚炎は高価な薬を半永久的に飲まなくてはならないため、飼い主さんに検査の結果をしっかり提示して納得して頂く必要があるからです。

薬が高価なため症状が落ち着くと投薬をやめてしまい、再発したときにはまた初めから薬の量を調整し直し治療に時間がかかったりします。

一方、ホルモン分泌異常の皮膚炎はホルモンの分泌量を定期的に検査するなど投薬量の調整を行うなどの必要があるからです。

どちらも継続的な投薬が求められます。

まとめ

 

犬のかゆみの原因はさまざまであり、すべてを提示することはできません。
そこで、当院で多く見られる犬のかゆみの原因4つのご紹介です。

  • ノミやダニなどの寄生虫
  • 食物や環境によるアレルギー
  • 細菌や真菌(カビ)
  • 遺伝やホルモン分泌異常

皮膚病は悪化すると細菌の2次感染などを起こし治りにくくなります。

まずは診察を受けてください。

お問合せ・ご予約