【必見!】猫おすすめフード獣医師が選んだキャットフードランキングTOP3

おすすめのキャットフードで症状の軽減が期待できるフードやサプリメントをご紹介

猫は「肉食動物」なのでキャットフードには多くのたんぱく質が含まれています。
動物性たんぱく質が猫の身体には必要だからです。
しかし、たんぱく質の摂取を続けて行くことによって腎臓に負担がかかってきてしまいます。

動物性たんぱく質が身体にとって必要なのに、その必要なたんぱく質を摂り続けることによって腎臓に負担がかかってしまうとは、一体猫はどうしたらよいのでしょうか?

ノラ猫の寿命は5歳前後といわれています。ウィルスなどの感染症も勿論ありますが食べれるときに食べる食餌に含まれているたんぱく質による腎不全も否定できないと思います。

猫はなぜ腎不全になり易いの?

飼い猫は、飼い主さんの意識の高まりによって15歳以上生きる猫も少なくありません。

  • 年齢によってキャットフードを切り替えていく必要がある
  • キャットフードを変えたら食べてくれないけどどうしたらよい?
  • 腎不全になったらおやつも我慢しなければならないの?

今回は腎臓病に焦点を当てて若いときから将来、腎臓病になりにくい猫の体によいフードをご紹介したいと思います。

キャットフードだけでなく、たんぱく質やナトリウムなどの過剰摂取を避けることができるおやつやサプリメントなども含め、おすすめの商品3つを獣医の視点から勝手にランキングしてみました。

ぜひ、最後までご一読ください。 

おすすめキャットフードTOP3をさっそく見てみる

猫おすすめフードには総合栄養食と処方食(食餌療法食)がある

キャットフードには総合栄養食と処方食(食餌療法食)があります。
中には「総合栄養食」と表記されていない一般食とされているフードも販売されていますが、一般職と表示されているフードはおやつと思って頂いた方がよいでしょう。

なぜなら、総合栄養食とは「ペットフード公正取引協議会が定める基準を満たした商品」のことで栄養がしっかり摂れるので総合栄養食とお水だけでよいフードだからです。

基本的には総合栄養食を与えましょう。

総合栄養食の基準とは

一方、処方食(食餌療法)とは、病気を発症したときその症状に合った成分を考慮して作られたフードです。膀胱炎や皮膚病などが代表的で処方食(食餌療法食)は獣医師の診断のもと、動物病院で出されるのが原則です。

獣医が勝手に選んだ猫おすすめフード第3位のモグリッチ

腎臓に負担がかからないように配慮したナトリウムの量を調整してあります。
シニアだけでなく全年齢の猫を対象としている猫に評判のよいチュール用のおやつです。

市販されているチュールもさまざまの種類があるようですが、価格においてはそれほど差はないので、ぜひ一度口コミや「モグリッチ」の内容、価格などをご確認して頂くことをおすすめします。
愛猫に少しでも体によく、喜んでもらえるおやつを与えられたら嬉しいですよね。

モグリッチの口コミ・詳しくはこちら

獣医が勝手に選んだ猫おすすめフード第2位の毎日腎活


処方(食餌療法)食を食べてくれない愛猫におすすめは「毎日腎活」で、腎臓に配慮したサプリメントです。

「毎日腎活」」は腎臓に負担のかかる泌尿器系疾患にも期待できる予防効果と実際に腎不全になってしまったときに起こる貧血にも考慮され作られています。

サプリメントなので、いつも食べているキャットフードを変える必要はありません。
好きなフードを食べながら腎不全に配慮できるのは嬉しいですよね。

毎日腎活の口コミはこちら

獣医が勝手に選んだ猫おすすめフード第1位のyakuzenn garden自然の森漢方堂

猫が喜ぶ高タンパク質の鹿肉と馬肉、魚を使ったキャットフードです。

89種類の漢方を配合することによって、高タンパクの肉食フードを低タンパクのキャットフードへの大変身を可能にしています。

しかも、猫に必要な栄養分はしっかり確保しているとのことです。

獣医として疑問に思ったことをダイレクトに問い合わせしてみました。
そのご回答に納得できた内容を紹介したいと思います。

こ薬膳ガーデン詳しくははこちら

まとめ

猫おすすめフードランキングTOP3第3位のモグリッチはこちら→モグリッチの口コミを見る

猫おすすめフードランキングTOP3第2位の毎日腎活はこちら→毎日腎活の口コミはこちら

猫おすすめフードランキングTOP3第1位の薬膳ガーデンはこちら→和漢未来のキャットフード

おすすめキャットフードランキングTOP3